クロノンとは?

クロノンって何?
クロノンとは黒体(コクタイ)と呼ばれる次世代の炭、夢の素材とも言われる無機質な黒い粉、漆黒の微粒子、活性炭を超える炭素化合物。黒体という「概念」を具体化し形ある物質として位置づけようとした人々の夢のカタチ。㈱サクラスはこの夢の素材、黒い粉を「クロノン」と名付け、そう呼ぶ事にしました。

「すべての波長の放射を完全に吸収する仮想上の物体をいう。例えば、炭は黒体に近く、黒いビロードや煤(すす)も近似例である。目に黒く見えるのでその名がある。」これが黒体の定義です。科学が発達した21世紀になった現在でも未だ理想的な黒体は物質として存在しないのです。

株式会社サクラスが風薫(代表藤澤氏)監修のもと開発した「クロノン」(黒体)は理想黒体が持つ人類にとって有益な効果・効能をより発揮できるように成分を厳選配合し実用新案の焼成技術を駆使し精製された炭素化合物の呼び名です。その効果は吸着分解、温熱による生体の活性化、マイナスイオン発生などさまざまな用途での使い道が期待される新しい素材なのです。

株式会社サクラスでは2008年秋から、クロノンをポリエステルの繊維に練込んだ黒体触媒不織布を開発しました。レリエベル○Rと名づけたこの素材は、活性炭の数十倍の消臭能力を持つクロノンの効果をそのままに著しい消臭効果を得ることができました。アンモニア、酢酸はもちろんのこと、足の臭いなどの原因とされるイソ吉草酸、加齢臭の原因のノネナール、排泄臭のインドールに減少率試験では85%~97%というすばらしいデータが得られました。このレリエベルを取り入れた「レリーソール」は1年で3000足を販売することができました。

クロノンの製造方法を紹介します。
黒体の製造方法・材料の選定はどの効果に特化させるかで多種多様です。
弊社では特に消臭効果・温熱効果をより発揮できるような黒体を目指し株式会社寿伝、風薫(代表藤澤氏)と共同で開発してまいりました。株式会社寿伝が持つ製造方法は特許を取得しており、また、材料の選定、混合率は長年黒体を研究されている風薫の指導で決定しております。主にパルプスラッジと各種の遷移金属を多く含む珪藻土粘土鉱物を混ぜ合わせた後、無酸化の状態で1200℃の温度で焼成し黒体の塊をつくります。これを10μm以下の微細な粉末にしました。外見は竹炭粉や木炭粉などの炭の粉に類似した黒い粉です。この黒い粉がクロノンです。

クロノンを使った今後の商品開発
クロノンの可能性は無限です。株式会社サクラスでは、今後、以下にあげた商品開発に取り組んでいきます。
消臭・温熱効果を利用したスキンケアブランド「アロテナ」。
2009年秋、洗顔石鹸「アロテナ」発売開始。
シャンプー、ボディーソープなどに配合。歯磨き粉。マスク。
レリエベル○Rを使用した加齢臭対策マット、ペット臭対策マットなど、消臭マット。
熱帯魚、観賞用魚の水槽の浄化用フィルター。水耕栽培などへの応用。
シックハウス症候群の原因になるガス対策となる住宅用資材。